コロリー

コロリーは忙しい方にオススメの脱毛サロン!

▼MENU

脱毛における痛みに対する対処法

 

最近の脱毛機は痛くないといいますが、それでも痛みの感じ方には個人差があります。

 

脱毛にも種類がいくつかあり、その中でも痛いものと痛くないものがあるんですよ。

 

 

昔からある「ニードル脱毛」は、毛穴1つ1つに針を刺していくので、とっても痛いんです。

 

ニードル脱毛に関しては、

 

  • 痛くて声が出てしまう…
  •  

  • 痛すぎて続けることができなかった…

 

とおっしゃっている方もいます。

 

 

それに比べて、脱毛サロンの「フラッシュ脱毛」は、ほとんど痛みを感じません。

 

部位にもよりますが、「ちょっと熱いかな?」という程度です。

 

 

なお、医療クリニックの「レーザー脱毛」は、フラッシュ脱毛よりは痛みがあると言われています。

 

どのような痛みかというと、輪ゴムをはじいたような痛みなんですね。

 

 

また、これらの痛みも、脱毛する部位で違ってきます。

 

身体のなかで特に脱毛の痛みを感じやすい部位は、VIOです。

 

とくにIラインは粘膜に近いため、どうしても痛みが生じてしまうのです。

 

当然これも個人差があり、痛くて続けられなかった人もいれば、あまり痛みを感じなかったという人もいます。

 

 

痛みの対策としては、痛いと感じたら、

 

  • 脱毛機のパワーを下げてもらう(脱毛効果は下がってしまいますが…)
  •  

  • クリニックなら麻酔を使ってもらう
  •  

  • 家でイメージトレーニングしていく
  •  

  • 歯をくいしばる(笑)

 

といったことなどが有効になるでしょう。

 

 

その他にも、

 

  • カフェインを摂らない
  •  

  • 保湿をする
  •  

  • 睡眠をしっかりとる

 

などといったことも良いとされています。

 

 

何よりも緊張していると、痛みを感じやすかったりしますので、不安がある時にはスタッフさんに事前に伝えてみましょう。

 

脱毛の施術後にもまだ痛みが残っているときには、それをしっかりと言うようにしてください。

 

 

ちなみに、痛みに弱いという方は、契約前にテストしてもらうこともできたりします。

 

そのテストをしてみたうえで、通えそうかどうかを判断するのもいいですね。